One School One Skill

One School One Skill

One School One Skill は、 2007年の技能五輪国際大会(静岡大会)で、日本の提唱により始まった取り組みである One School One Country を発展させた日本オリジナルの新たな取り組みです。 技能五輪国際大会への参加経験選手たちが全国47都道府県の学校へ訪問し、 本物の技能を披露し、共に技能を体験することで、技能の可能性に触れ、 誰もが未来の担い手であることを学ぶ職業観教育プログラムです。

レポート

One School One Skill が開催されました

2019年9月12日
学校_愛知県立豊川工業高等学校
職種_メカトロニクス

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
学生達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill スピンオフイベント Skill Me! が開催されました

ロシア連邦カザンで開催された技能五輪国際大会にて、
ポリメカニクス職種に参加した日本代表選手とエキスパート、
プラスチック金型職種の競技関係者、試作モデル製作職種に参加した日本代表選手、
フェイククリームアーティストが講師となって子供たちに技能を伝授!
本物の道具を使った本気のものづくり体験を通じて、
技能の難しさ、奥深さ、それゆえのおもしろさを伝え、
技能職の魅力をじっくり紹介する日本の取り組みを世界に紹介しました。
この活動は、メダリストたちが次代の担い手の育成を
自らの技能を通じて支援する新たな取り組みでもあり、
競技大会以降に続く選手の活躍の場づくりに向けたトライアルプログラムです。

また、国際大会に訪れた世界中のキーマンに向け、
ポリメカニクス職種、プラスチック金型職種、
試作モデル製作職種の技能の重要性と可能性を伝え、
関連技能を身につけた人材が現場で活躍する事例などを紹介し、
多くの国・地域からの競技参加に向けてPRを行いました。

One School One Skill スピンオフイベント Skill Me! が開催されました

8月1日の若年者ものづくり競技大会に合わせ、
ポリメカニクス職種に参加した日本代表選手と
エキスパートが講師となって子供たちに技能を伝授!
本物の道具を使った本気のものづくり体験を通じて、
技能の難しさ、奥深さ、それゆえのおもしろさを伝え、
技能職の魅力をじっくり紹介しました。
この活動は、メダリストたちが次代の担い手の育成を
自らの技能を通じて支援する新たな取り組みでもあり、
競技大会以降に続く選手の活躍の場づくりに向けたトライアルプログラムです。

また、若年者ものづくり競技大会を記念し、
2013年にライプチヒで開催された第42回技能五輪国際大会
ポリメカニクス職種に出場した小川真徳さん、
同職種のエキスパートを務めた小室和春さん、
2019年にカザンで開催される第45回技能五輪国際大会
グラフィックデザイン職種に出場する安保星奈さん、
安保さんの指導者である金田麻由美さんに参加頂き、
若者が技能を身につけ、技能競技大会に挑戦することの意義、
技能競技大会の役割、技能の可能性について話し合いました。

One School One Skill スピンオフイベント Skill Me! が開催されました

7月25日から27日の3日間、ものづくり・匠の技の祭典2019にて、
技能五輪の配管職種とアビリンピックのDTP種目が協働し、
メダリストたちが講師となって子供たちに技能を伝授!
本物の道具を使った本気のものづくり体験を通じて、
技能の難しさ、奥深さ、それゆえのおもしろさを伝え、
技能職の魅力をじっくり紹介しました。
この活動は、メダリストたちが次代の担い手の育成を
自らの技能を通じて支援する新たな取り組みでもあり、
競技大会以降に続く選手の活躍の場づくりに向けたトライアルプログラムです。

また、中小企業家同友会全国協議会の副会長である
湯本良一さん(株式会社湯建工務店 代表取締役)、
技能五輪全国大会の金メダリストで、技能五輪国際大会の日本代表選手を務めた、
西原工事株式会社の関根雄太さん、全国アビリンピックの銀メダリストである
トランスコスモス株式会社の加藤らんさんをお招きし、
ものづくり・匠の技の祭典2019に集まった関係者、
特に、ものづくり産業を営む中小企業の経営者層に向けて、
人材育成の重要性、技能競技大会の可能性について話し合いました。

One School One Skill が開催されました

2019年7月16日
学校_愛知県刈谷市立かりがね小学校
職種_車体塗装

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
子供達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill スピンオフイベント Skill Me! が開催されました

7月15日のWYSD(World Youth Skills Day)に合わせ、
情報ネットワーク施工と機械製図CADの2職種で、
メダリストたちが講師となって子供たちに技能を伝授!
本物の道具を使った本気のものづくり体験を通じて、
技能の難しさ、奥深さ、それゆえのおもしろさを伝え、
技能職の魅力をじっくり紹介しました。
この活動は、メダリストたちが次代の担い手の育成を
自らの技能を通じて支援する新たな取り組みでもあり、
競技大会以降に続く選手の活躍の場づくりに向けたトライアルプログラムです。

また、WYSDを記念し、WYSDの提案国スリランカの駐日大使館からG.G.S.C.ロシャン公使、
日本の若者を代表して女優でフィギュアスケーターの本田望結さん、
技能五輪国際大会の情報ネットワーク施工職種で金賞を受賞した清水義晃さん、
技能五輪全国大会の機械製図職種で敢闘賞を受賞した長坂秀明さんを招き、
若者が技能を身につけ、やりがいのある仕事(ディーセントワーク)に就くことの重要性や、
技能競技大会の役割、技能の可能性について話し合いました。

One School One Skill が開催されました

2019年2月26日
学校_石川県かほく市立七塚小学校
職種_左官

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
子供達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill が開催されました

2019年3月13日
学校_加藤学園暁秀初等学校(静岡県)
職種_フラワー装飾

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
子供達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill が開催されました

2019年3月12日
学校_岐阜県七宗町立神渕小学校
職種_電子機器組立て

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
子供達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill が開催されました

2019年3月8日
学校_兵庫県立姫路工業高等学校
職種_構造物鉄工

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
子供達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill が開催されました

2019年3月5日
学校_岩手県滝沢市立柳沢小中学校
職種_製造チームチャレンジ&移動式ロボット

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
子供達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill スピンオフイベント Skill Me! が開催されました

来年度、第14回若年者ものづくり競技大会の開催地となる福岡県にて、
石工とフラワー装飾のメダリストが講師となって子供たちに技能を伝授!
本物の道具を使った本気のものづくり体験を通じて、
技能の難しさ、奥深さ、それゆえのおもしろさを伝え、
技能職の魅力をじっくり紹介しました。
この活動は、メダリストたちが次代の担い手の育成を
自らの技能を通じて支援する新たな取り組みでもあり、
競技大会以降に続く選手の活躍の場づくりに向けたトライアルプログラムです。

One School One Skill が開催されました

2019年2月18日
学校_東神楽町立東神楽小学校(北海道)
職種_家具

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
子供達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill が開催されました

2019年2月1日
学校 _ 宮古島市立上野小学校(沖縄県)
職種 _ レストランサービス

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
子供達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill が開催されました

2019年1月23日
学校_高山市立南小学校(岐阜県)
職種 _ 溶接

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
子供達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill スピンオフイベント Skill Me! が開催されました

国際女性デーに合わせ、洋菓子製造職種で、
メダリストたちが講師となって子供たちに技能を伝授!
本物の道具を使った本気のものづくり体験を通じて、
技能の難しさ、奥深さ、それゆえのおもしろさを伝え、
技能職の魅力をじっくり紹介しました。
この活動は、メダリストたちが次代の担い手の育成を
自らの技能を通じて支援する新たな取り組みでもあり、
競技大会以降に続く選手の活躍の場づくりに向けたトライアルプログラムです。

One School One Skill スピンオフイベント Skill Me! が開催されました

第30回技能グランプリの開催に合わせ、
グラフィックデザイン、広告美術、洋裁の3職種で、
メダリストたちが講師となって子供たちに技能を伝授!
本物の道具や工具を使った本気のものづくり体験を通じて、
技能の難しさ、奥深さ、それゆえのおもしろさを伝え、
技能職の魅力をじっくり紹介しました。
この活動は、メダリストたちが次代の担い手の育成を
自らの技能を通じて支援する新たな取り組みでもあり、
競技大会以降に続く選手の活躍の場づくりに向けたトライアルプログラムです。

One School One Skill が開催されました

2019年1月25日
学校_阿久根市立阿久根小学校(鹿児島県)
職種_石工

技能五輪国際大会のメダリストが学校へ訪問。
子供達の目の前で実演、共に技能を体験し、技能の可能性を伝えました。

One School One Skill スピンオフイベント
Skill Me!が開催されました

沖縄での技能五輪全国大会の開催に合わせ、電子機器組立て、家具、移動式ロボットの3職種で、
メダリストたちが講師となって子供たちに技能を伝授!
本物の道具や工具を使った本気のものづくり体験を通じて、
技能の難しさ、奥深さ、それゆえのおもしろさを伝え、技能職の魅力をじっくり紹介しました。
この活動は、メダリストたちが次代の担い手の育成を自らの技能を通じて支援する新たな取り組みでもあり、
競技大会以降に続く選手の活躍の場づくりに向けたトライアルプログラムです。