技能グランプリ

技能グランプリ

熟練技能士たちが真の日本一を競う競技大会

技能グランプリは、熟練技能士たちが年齢に関係なく、技能の日本一を競い合う大会です。
出場する選手は、それぞれの職種について、特級、1級及び単一等級の技能検定に合格した技能士です。
例えば1級技能士ともなれば、職業訓練指導員免許を持っている場合でも1年以上、実務経験のみの場合は7年以上の実務を経験した熟練技能者です。
大会の優勝者には、内閣総理大臣賞、厚生労働大臣賞などが贈られます。

2019年3月、兵庫県にて第30回技能グランプリが開催されました。
全国から約500人の選手が参加し、30職種の技能競技が繰り広げられました。

今後の開催予定

今後の開催地は未定です。