09 Welding
電気溶接

電気溶接はアークの熱を利用して、金属を溶かして素材同士を繋ぎ合わせる技術。アークの放電現象は1800年にイギリスのデービー卿によって発見されました。 アークは非常に明るく、古くは灯りに利用されていました。溶接のアークは高温でその温度は5000~20000℃になります。 溶接は、金属製品はもちろん、家電製品、電車、自動車、船、家屋まで生活に関わる多彩な場面で使用されています。 競技では、あらかじめ図面で指示された方法に従って様々な種類の溶接を行い精度と品質を競います。

配信予定:
11月8日(日)09:15-12:00/13:00-16:30
11月10日(火)09:15-12:00/13:00-16:30
11月12日(木)09:15-12:00/13:00-16:30
11月14日(土)09:15-12:00/13:00-16:30
11月15日(日)13:00-16:00

Schedule

Skills LIVE!

アンケートにご協力ください