23 Jewellery
貴金属装身具

貴金属装身具製作の歴史は古く、その加工技術は時代とともに変わってきました。しかし、いずれの時代でも美をかたち作るという点は変わっていません。 競技では、18金の板材、丸線材、角線材、および2種類の金ろう材が前もって支給されます。 それら指定の材料を使って、材料の切り出し、やすり掛け、ろう付、表面の仕上げまでの全工程を手作業で行い、 そのデザインの優美さと仕上がりの綺麗さを競います。美しいものを作り上げる、繊細な手さばきに注目です。

配信予定:
11月14日(土)08:40-12:15/13:00-17:30
11月15日(日)08:40-14:00

Schedule

Skills LIVE!

アンケートにご協力ください